カテゴリー: 未分類


借地権相続に関するトラブル

17年09月04日

未分類

借地権相続に関するトラブル はコメントを受け付けていません。


借地権は相続できる権利のひとつとして認められています。相続を受けた者は、自身が地主と借地契約を交わしているわけでないため、契約内容だけでなく借地権そのものについてもあまり知識がないこともあることでしょう。例えば、借地権の契約期間が満了となるのを控え、地主に更新の申し出をしたところ、前回の2倍相当の更新料を請求されたが、とても高くて払えない、金額が本当に妥当なのか、などの疑問を持つのは当然のことでしょう。更新料は、更地価格の3~5%として算出されるのが一般的で、都心部などは若干割高になる傾向があります。

地主に提示された更新料が一般的なものと比較して妥当かどうか、妥当であった場合に更新料の減額や、分割払い、地代に上乗せしての支払いなどが可能かどうかを確認する必要が出てきます。しかし、当事者同士の相談では、感情的になって関係性が悪くなることがよくあります。借地権が設定された土地は、将来、立替が必要になった際、売却する際に地主から承諾を得る必要があるため、関係が悪化すると、後々ずっと尾を引いていくことになります。専門家に相談し、仲介してもらって冷静に問題を解決するのが最善の方法であると言えるでしょう。

 

借地権や底地権の相談は専門家へ

17年09月01日

未分類

借地権や底地権の相談は専門家へ はコメントを受け付けていません。


借地権を持つ借地人は、地主から底地権を買い取って建物だけでなく土地も完全な所有物とすることができます。一方、地主は、底地のみを売却することができますが、土地の利用価値が高い商業地などである場合は、借地権割合の方が底地割合より高く設定されているため、底地のみの売却では価格が安くなり、損をしてしまうこともあります。地主と借地人の間に借地権や底地権が存在し、更新や地代、立替えなどさまざまな問題があることから、お互いの利益を重視するあまり、感情が入り混じって大きなトラブルに発展することがあります。そんなときは借地権だけでなく、底地権まで取り扱っている専門店に相談するのが一番です。(関連リンク⇒借地権売買専門:ピタットハウス

契約を更新する際には、地代と違って多額な更新料が必要となり、借地人が支払えない、支払う意志がないなどとして地主とトラブルになることがあります。その場合の解決方法としては、地代に更新料の金額を上乗せして毎月分割で支払うという方法もありますが、後々のトラブルを回避するため、あらかじめ合意書などを作成、締結しておいた方がいいでしょう。借地人が地代を滞納する場合でもすぐには、借地権介助ができません。地主と借地人の間の信頼関係が崩壊するに相当な長期間にわたる滞納がないと認められないため、最低でも半年程度の滞納が、解除の目安になると考えられるでしょう。

借地権と底地権

17年08月31日

未分類

借地権と底地権 はコメントを受け付けていません。


土地に借地権が設定されている宅地の所有権を底地または底地権といいます。底地権を所有しているのは地主であり、地主のことを借地権設定者と呼ぶこともあります。更地には、土地の所有者が自由に利用、転売できる完全な所有権がありますが、借地権を設定した土地については、借地人との契約により、土地の利用に制約を受けたり、底地だけを売却したりすることが難しいため、不完全な所有権と言われることもあります。地主にとっては、借地人の建物が建っている土地は自由に扱うことができないため、借地人に土地を買い取ってもらいたいと考えるのも当然のことでしょう。

借地人が毎月の地代を滞納したり、地代が安過ぎたりして、固定資産税や都市計画税を賄えない場合は、土地を貸しているメリットがなくなってしまいます。また、底地の価格は、更地の時価から借地権価格を差し引いた金額となるため、借地人に買い取ってもらうとしても実際の地価よりも下回ってしまうのが普通です。借地人がもつ権利である借地権に対して地主が所有するのが底地権であり、借地権の割合は、国税庁が地域ごとに定めた路線価格で公表されています。借地権と底地権が合わさって完全所有権となるため、借地権や底地権のどちらか一方だけを所有する場合には、旧友機関から融資を受ける際の担保としては弱いとされています。

借地権の相続

17年08月30日

未分類

借地権の相続 はコメントを受け付けていません。


建物を建てることとして土地を借りる際に発生する借地権は、遺産分割協議の対象となり得るため、相続する権利のひとつとなります。マイホームは、親から子、子から孫へと引き継がれることが多いものですが、地主と借地契約を交わした借地人が死亡した場合には、借地契約の内容がそのまま引き継がれるのが一般的で、土地や建物を相続する場合に、地主に承諾を得る必要はありません。また、同居人に相続が限られるわけでもなく、実家を出て遠く離れた土地で独立していたとしても相続権があれば、借地権を相続する権利があるのです。ただし、例えば、借地契約を交わした父親が死去した場合、建物の所有権は父親名義となっているため、子どもが相続するたえには、相続登記の手続きを行い、借地権者の名義変更をしておかなければなりません。

借地権は、旧法と新法によって条件が変わるものであり、相続するだけの場合は父親が借地契約を結んだままの内容がそのまま引き継がれることになります。旧法から新法への切り替えなどをする場合には、相続した子どもの名義で地主と改めて契約書を交わした方がいい場合もあるので、注意が必要です。また、普通借地権の場合は、自動更新が可能ですが、定期借地権の場合は、契約期間が満了となると借地権が消失することになることも理解しておかなければなりません。さらに、貸借権契約書の内容に、契約を締結した借地権者が亡くなった場合は地主に更地にして返還するというような事項が含まれている場合もあり、専門家への相談が必要となります。